Please reload

最新記事

こころの終活、おかねの終活。終活のコツをお伝えします講座

August 10, 2017

1/7
Please reload

特集記事

エンディングノートはこんな時のためにある。

 

こんにちは、

「心豊かに過ごす人生100年計画を作る専門家」
終活カウンセラー、ファイナンシャルプランナーの養老で



◆◇-----------------------------------◆◇

こんなことがありました。

 

ご無沙汰している知人からです。

「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます。

 

実は、実父〇〇〇〇が○月○日89歳で永眠いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

 

私もお世話になった人です。

すぐに連絡を入れました。

 

彼の話:

「病弱でもなかった。突然の入院で、突然の死去。

年ではあるが、こんなことになるなんて」

 

「それからあとが大変、何が、どこに、どのくらい、あるのか

ないのか?

葬儀、相続、どうして欲しかったのか?

 

手続き、全て0からでわからん、わからんの連続。

父からは、何も聞いていない。

精神的にも、クタクタ。

 

やっと今、少し落ち着きを取り戻した。」

 

その知人の話は続きがあります。

彼のお得意先の社長Aさんの話。(私も取引をしていた仲良しの方)

 

Aさんは50歳代だったと思います。

商売一途な人で、これといって趣味のない真面目な人でした。

 

若い頃、バイクに乗りたかったけれど、できなかった。

 

最近、嫌がる奥さんを説得して、免許を取り、

バイク仲間とよくツーリングを

していたそうです。

 

奥さんは

「これといって趣味のない人だから、まあいいか」

としぶしぶ認めた。

 

それが、ツーリング中に、まさかの自損事故死。

にわかに信じがたいことが起こってしまいました。

 

 

 

悲しむ間さえもなく、今、彼の事業は続けられていますが、

中身は、どんだけ大変か。

 

察しられます。

 

私も、「あの時にあっておけばよかったのに」

そんな思いでいっぱいです。

 

その時になって後悔しても遅いです。

そんなリスクに備えることは大切だと思いませんか。

 

Bさんのメール

「2月に父が死去しました。子供らは選択肢が多い程、

自身を責めますね。

私の父もエンディングノートを残してくれていれば.

.と深く思う今日この頃です。😔」

 

Cさん

「84歳の父が昨年、病気、手術を経験し、父の終活が、

現実味を帯びてきました。エンディングノートを書い

てみたい」

 

 

直面して初めて「書いときゃよかった」って。

 

エンディングノートは

そんな時のためにも役に立ちます。

あなたの思いを書き綴るものです。

 

まずは、書いてみることで、思いが鮮明になっていきます。

何度でも、書き直しも自由です。

 

🔸エンディングノートワークショップをします。

 

参加者募集中!!

 

 

6月16日

 私と一緒にエンディングノートを書いてみませんか?

【内容】

前半:人生の棚卸

   ・「わたし」の棚卸

   ・家族に伝えたいこと。

     (判断力が衰えたら伝えられない。)

 

後半:夢を語る

   ・若いころの夢、あきらめた夢を語り合う

   

エンディングノートに書き込みをしていきます。

 

エンディングノートを書きたいけど時間がない方、

残される家族に負担をかけたくない方。

 

一緒に書いていきましょう。そんな2時間です。

 

日時:6月16日(土)  13:00〜15:00

 

場所:終活サポートネットワーク事務局

郵便番号 651−0084

兵庫県 神戸市中央区磯辺通3-1-2 NLC三宮ビル805

TeL: 078-200-5872

 

参加費:¥1000

定員:限定6名さま

 

詳細、こちらです。

https://www.reservestock.jp/events/256743

お申し込みは、

https://www.reservestock.jp/events/256743

 

です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

終活とは、死ぬ準備ではなく、

人生の終焉を考えることを通じて、

自分を見つめ、

「今」

をよりよく生きる活動のことです。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□エンディングノートワークショップをします。

 

参加者募集中!!

 

 

チラシができました。(おもて面)

 

 

 

 

6月16日に私と一緒にエンディングノートを書いてみませんか?

【内容】

前半:人生の棚卸

   ・「わたし」の棚卸

   ・家族に伝えたいこと。

 

後半:夢を語る

   ・若いころの夢、あきらめた夢を語り合う

   

エンディングノートに書き込みをしていきます

 

 

エンディングノートを書きたいけど時間がない方、

残される家族に負担をかけたくない方。

一緒に書いていきましょう。そんな2時間です。

 

日時:6月16日(土)  13:00〜15:00

 

場所:終活サポートネットワーク事務局

郵便番号 651−0084

兵庫県 神戸市中央区磯辺通3-1-2 NLC三宮ビル805

TeL: 078-200-5872

 

参加費:¥1000

定員:限定6名さま

 

詳細、こちらです。

お申し込みは、

https://www.reservestock.jp/events/256743

 

までお願いします。

 

ーーーーーーーーーーーーー

                                

終活とは、死ぬ準備ではなく、

人生の終焉を考えることを通じて、

自分を見つめ、

をよりよく生きる活動のことです。

 

 

 

■□ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー□■

                                     

 

☆ お客様の声

https://www.reservestock.jp/page/user_recommend/17722

 

この記事に対する感想をお待ちしております。https://www.reservestock.jp/page/user_recommend/17722

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆終活保険をとりあつかっています。

・89歳までどなたでも入れる生命保険

・保険料生涯変わらず。月/3000円プランか

 

詳しくは、・・・

https://www.shukatsu-npo.com/blank-6

 

 

◆シニアのニーズにお応えして、

「シニアのケガや事故に備えて安心。

満40歳〜89歳までお申し込み可能な傷害保険」

 

ができました。

 

詳しくは、・・・https://www.shukatsu-npo.com/blank-17

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

【終活とは、死ぬ準備ではなく、人生を振り返り整理して、

自分らしくより生き生きとした時間を送る活動です】

 

 


 

 

出張ライフプランセミナー講師派遣

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/22106

個別ライフプラン相談

・終活全般の個別カウンセリング、ライフプランニングの作成相談

・エンディングノートの書き方

・遺言書はどうやってつくるの?

・老後のお金が不安 などなど。

お悩みごと聞かせて下さい

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/22106

初回無料(30分) 当方事務所又はご指定場所(神戸市、芦屋市のみ)

交通費(実費)は別途で請求させていただきます。

 

お気軽にご相談ください。

facebookページ⇒ https://www.facebook.com/susumu.yourou


御相談、お問い合わせはこちら⇒https://www.reservestock.jp/inquiry/22106  

 

メルマガで、終活情報を発信しています。

よろしければ読者登録をしていただけるとうれしいです。

こちら https://www.reservestock.jp/subscribe/71986

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

FOLLOW US:

  • Google+ B&W
  • Facebook B&W
  • LinkedIn B&W

© 2023 by Funeral Home. Proudly created with Wix.com