エンディングノートはこんな時のためにある!

んにちは、 「心豊かに過ごす人生100年計画を作る専門家」 終活カウンセラー、ファイナンシャルプランナーの養老です。

◆◇-----------------------------------◆◇ 

昨日、一通のハガキが来ました。

ご無沙汰している知人からです。

「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます。

実は、実父〇〇〇〇が○月○日89歳で永眠いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・。」

私もお世話になった人です。

すぐに連絡を入れました。

彼の話:

「病弱でもなかった。突然の入院で、突然の死去。

年ではあるが、こんなことになるなんて」

「それからあとが大変、何が、どこに、どのくらい、あるのかないのか?

葬儀、相続、手続き、全て0からでわからん、わからんの連続」

やっと今、少し落ち着きを取り戻した。

(わたしが何をしているかを彼は知らない、お手伝いできたのに)

その知人の話は続きがあります。

彼のお得意先の社長Aさんの話。(私も取引をしていた仲良しの方)

Aさんは50歳代だったと思います。

商売一途な人で、これといって趣味のない真面目な人でした。

若い頃、バイクの乗りたかったけれど、できなかった。

最近、嫌がる奥さんを説得して、免許を取り、バイク仲間とよくツーリングをしていたそうです。

奥さんは「これといって趣味のない人だから、まあいいか」としぶしぶ認めた。

それが、ツーリング中に、まさかの自損事故死。

にわかに信じがたいことが起こってしまいました。

悲しむ間さえもなく、今、彼の事業は続けられていますが・・・。

何年か前に、毎年「えべっさん」にお参りをしてた友だっだんですが。

「あの時にあっておけばよかったのに」そんな思いでいっぱいです。

その時になって後悔しても遅いです。

そんなリスクに備えることは大切だと思いませんか。

エンディングノートはそんな時のために、あなたの思いを書き綴るものです。

まずは、書いてみることで、思いが鮮明になっていきます。

何度でも、書き直しも自由にできます。

書いておきましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆ お客様の声

https://www.reservestock.jp/page/user_recommend/17722

この記事に対する感想をお待ちしております。https://www.reservestock.jp/page/user_recommend/17722

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆終活保険をとりあつかっています。

・89歳までどなたでも入れる生命保険

・保険料生涯変わらず。月/3000円プランから詳しくは、・・・

https://www.shukatsu-npo.com/blank-6

◆シニアのニーズにお応えして、

「シニアのケガや事故に備えて安心。満40歳〜89歳までお申し込み可能な傷害保険」

ができました。

詳しくは、・・・https://www.shukatsu-npo.com/blank-17

最後までお読み頂きありがとうございました。

【終活とは、死ぬ準備ではなく、人生を振り返り整理して、

自分らしくより生き生きとした時間を送る活動です】

出張終活セミナー講師派遣

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/22106

個別終活相談

・終活全般の個別カウンセリング、ライフプランニングの作成相談

・エンディングノートの書き方

・遺言書はどうやってつくるの?

・老後のお金が不安 などなど。

お悩みごと聞かせて下さい

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/22106

初回無料(30分) 当方事務所又はご指定場所(神戸市、芦屋市のみ)

交通費(実費)は別途で請求させていただきます。

お気軽にご相談ください。

facebookページ⇒ https://www.facebook.com/susumu.yourou

御相談、お問い合わせはこちら⇒https://www.reservestock.jp/inquiry/22106 

メルマガで、終活情報を発信しています。

よろしければ読者登録をしていただけるとうれしいです。

こちら https://www.reservestock.jp/subscribe/71986


特集記事
最新記事