国、事業承継へ支援組織

堅実な中小企業の休廃業を防ぐため

中小企業庁は後継者難の中小企業を助けるため、あらたなデータベースと支援組織を構築する。

流れ

1、民間が持つ約25万者の情報を分析し、経営が堅実なのに休業や廃業に至りそうな企業を見つける。

2、データを元に、商工会議所と金融機関で作る組織が後継者や売り先探しの相談に乗る。

3、安定した中小企業が事業を続けられるようにして、地域経済の担い手を確保する。

■中小企業基盤整備機構では、M&A(合併、買収)の支援も充実する

*中小企業庁はによると、中小企業の経営者は66歳が一番多い。

21年までに30万社以上の経営者が70歳になるが、6割は後継者が決まっていない。

中小企業の経営者の皆さんは、個人の終活よりも早めに、後継者候補の選定や自社株の相続対策に着手しておくことが重要です

セミナーを開催しまーす。

【養老晋の想い】

貴方の終活を応援します。

最近目につくもの。

終活(相続)相談、遺言書セミナー、葬儀お墓イベント、

挙句の果て、棺に入ってみる体験コーナー。

残こされた家族に迷惑をかけたくないという気持ちはわかりますが、

これって何ですか?

「死ぬ準備ですよね~」

もちろん万が一の場合に備えることで、不安は和らぎますがね。

 終活とは、死ぬ準備ではなく、人生を振り返り、整理して、

残された時間を自分らしく生きる活動のことです。

今まで、懸命に生きてきました。

でも、本当に自分のやりたかったこと、できていましたか?

自分の人生の目的は何だったのか?

生活に追われて、やりたかったことはありませんか?

何をしていたら、楽しいのか?生き生き過ごすには?

現役の方、夢、目標はありませんか?

リタイヤされた方なら、余生ではなく、前向きに作っていく

「第2の人生」を考えて行動してみませんか?

その目的のためにお金の整理であったり、想いの整理でもあったりするのです。

趣味にお金をつぎ込み過ぎたり、相続税対策として生前贈与をしすぎて、

「老後貧乏」になったり、

揉めないように作った遺言書の内容に配慮が足らず、

かえって争族になった例もあります。

断片的に考えないで、お金、健康、生きがいのバランスを考えて、

行動することが大事です。

だから、ゆっくり時間をかけて実践していきましょう。

終活の目的は、人生のセカンドステージをいかにこころ豊かに生きるかです。

【タイトル】「元気な今だからできる。意外と簡単、終活のコツとは?」講座

〜終活でこころ豊かな人生を送りましょう〜【

日時】9月14日(木) 18:30~20:00

【場所】〒651-0096 神戸市中央区雲井通5丁目1-2 神戸市勤労会館408号室

【講師】NPO法人終活サポートネットワーク事務局長 養老 晋

【資格】終活カウンセラー、ファイナンシャルプランナー(AFP)

[内容】終活とは、貴方の人生を振り返り整理して、残された時間をもっと自分

らしく生きることを考え、行動することです。

・家族に迷惑をかけたくない貴方。

・エンディングノートを書いてみたいけど時間がない貴方。

・どうしたらいいか、わからないから先送りにしている貴方。

・将来に漠然とした不安や心配事がある貴方。

・葬儀、墓をどうしようか?と考えている貴方

終活のコツは、残された人生を豊かにするためのノウハウや知恵の事です。

講座では、現状を把握して、できることを少しづつ実行する知恵をお伝えします。

想いや希望を言葉にして、やりたいことを鮮明にするきっかけ作りをします。

貴方の終活は貴方でないとできません。

エンディングノートに書けば整理できて、家族に伝えることができます。

☆これからのやりたい事を見つける。そんな90分をもちませんか?

【参加費】2000円(ノート代を含む)

【持ち物】筆記用具

お申し込みはこちらまでお願いします。https://www.reservestock.jp/events/205452

個別終活相談

・終活全般の個別カウンセリング、ライフプランニングの作成相談

・エンディングノートの書き方

・遺言書はどうやってつくるの?

・老後のお金が不安 などなど。

お悩みごと聞かせて下さい

初回無料(30分) 当方事務所又はご指定場所(神戸市、芦屋市のみ)

交通費(実費)は別途で請求させていただきます。

お気軽にご相談ください。

facebookページ⇒ https://www.facebook.com/susumu.yourou

御相談、お問い合わせはこちら⇒https://www.reservestock.jp/inquiry/22106  

メルマガで、終活情報を発信しています。

よろしければ読者登録をしていただけるとうれしいです。

こちら⇨ https://www.reservestock.jp/subscribe/71986


特集記事
最新記事