エンディングノートを書こう(5)残すのはお金だけではない。

こんにちは、終活カウンセラーの養老です。

またもや、寒波襲来。

「関東でも小雪舞う。週末は西日本で大雪に警戒。」

連休ですが寒いようですね。インフルエンザもはやっていますし、うがい、手洗いをしっかりしますしょう。

さて、相続とは単にお金や財産を残すだけではありません。ご自身の想いを伝える集大成になるといえます。

お金の相続対策が本当に家族の幸せになるのかどうかを考えることが大切です。 家族がバラバラになってしまったりしては意味がありません。 想い:例えば、長年連れ添った配偶者やご家族への感謝の思い これをどう表現していきましょうか? 想いを大事な人とエンディングノートに綴る ノートは1人で書くものと思っていませんか? 自分ひとりで悩まないで、家族と相談し、意思を伝えることが良い場合があります。 相続が発生した時にご自身の想いを理解している人がいるともめ事も少なくなるので、 信頼できる人(家族)をみつけてください。 私の母は88歳で亡くなりましたが、生前、私にこう言っていました。 ・葬式は家族葬でいい、入る墓もあるし。いつものお坊さんにお願いして。 ・死んだら、孫に○○円ずつやって。 ・葬式の費用はこの口座にある。ハンコも預ける。法事もこれで。 ・介護などの書類はこの袋にある。  などなど。 母はいつも家族のことを気にかけています。会いに行くと喜んでくれます。

こちらも、元気そうな顔を見ると安心します。

互いに思いやる気持ちが大切です。 その時は突然にきました。多少のトラブルもありましたが、相続はすんなり終える ことができました。

*記入日は必ず入れてください

★☆──────────────────────────☆★

最後までお読みいただきありがとうございました。

何かわからないことがありましたら、お問い合わせください。

私たちがお手伝いします。

 お問い合わせ までお願いします。

・「ブログを見た」と書いてください

NPO法人終活サポートネットワーク HP

       ↓

http://www.shukatsu-npo.com/blank-3

facebookページ⇒

https://www.facebook.com/shuukatunpo/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

・個別面談でのご相談は初回無料とさせていただきます。(30分)

・神戸市内、芦屋市内はご訪問もできます。(交通費別途申し受けます


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索