「心豊かに過ごす人生100年計画を作る専門家」
終活カウンセラー、ファイナンシャルプランナーの養老です



◆俳優の秋野暢子さんのお母さんの話です。

お母さんは、延命治療を望まず、60歳で尊厳死協会に入会しました。

78歳の時、危篤状態になり、秋野さんは医師から

「延命治療をしますか」

と問われたのです。

当時、秋野さんは、38歳。

悩みましたが、

「母の気持ちを大事にしたいので断りました 」

とはいえ、その後20年くらい、

「母の生死を私が決めてしまった。これでよかったのだろうか?」

と振り返ることがあったそうです。

「でも、年を重ねた今は、私が娘...

こんにちは、

「心豊かに過ごす人生100年計画を作る専門家」
終活カウンセラー、ファイナンシャルプランナーの養老で



◆◇-----------------------------------◆◇

ご近所でも、最近見ないなあと思っていたら、

「入院しててん」とか、よく聞くはなしです。

高齢者が突然倒れて、意識不明になった場合、

周りの人が一番困るのは、当人がどのような

処置を望んでいるのか見当がつかないことで

す。

突然の怪我や病気で倒れたり、あるいは認知症で、

自分の意思を伝えられなくなった時に

「どうして欲しいかわからない」

家族や周りに人に自分...

こんにちは、

「心豊かに過ごす人生100年計画を作る専門家」
終活カウンセラー、ファイナンシャルプランナーの養老で



◆◇-----------------------------------◆◇

電話のご相談です。

私と同年代の男性、Bさんの話。

「腰痛があって、病院に行ったら、どこかで、できている

ガンが骨に転移している。

病原のガンを特定するために、検査が必要と言われた。」

「昨年リタイヤして、シニアライフを楽しもうという矢先

の出来事に頭の中が真っ白」

現代の医療事情では、ガンの告知は隠さず、当たり前に行われています。

「でも、告知を受けた...

こんにちは、

「心豊かに過ごす人生100年計画を作る専門家」
終活カウンセラー、ファイナンシャルプランナーの養老で



◆◇-----------------------------------◆◇

こんなことがありました。

ご無沙汰している知人からです。

「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます。

実は、実父〇〇〇〇が○月○日89歳で永眠いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・。」

私もお世話になった人です。

すぐに連絡を入れました。

彼の話:

「病弱でもなかった。突然の入院で、突然の死去。

年ではあるが、こんなことになるなんて」

「それか...

Please reload

特集記事

こころの終活、おかねの終活。終活のコツをお伝えします講座

August 10, 2017

1/7
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

FOLLOW US:

  • Google+ B&W
  • Facebook B&W
  • LinkedIn B&W

© 2023 by Funeral Home. Proudly created with Wix.com